セッティングチェック

教科書的セッティング

まずは、教科書的なセッティングをして試してみよう。
その後、自分に合わせて微調整していきましょう。たとえば、股下が75cmの人はセッティング[No.1]で合わせてみましょう。

股下寸法の測定方法は、自転車に乗った時と同じくらいに脚を開き、股の下に本などを挟んで、できるだけ正確な高さを測定しましょう。
股下寸法はサドル高に影響し、サドル高の設定ミスは、大きなパワーロスになってしまいます。

セッティング 股下寸法 サドル高 サドル後退幅 サドル-ハンドル間距離 サドル-ハンドル高低差
(レース仕様)
サドル-ハンドル高低差
(ロングライド仕様)
No.1 74-77 65-68 4.5-5.5 47.5-49.5 5-6 4-5
No.2 78-81 68-72 5.5-6.2 50-53 6-7 5-6
No.3 82-85 72-75 6.5-7.2 54-56 7-8 6-7
No.4 86-89 75-79 7-8 56.5-59 8-9 7-8
No.5 90-92 79-81 8-8.7 60-61.5 9-10 8-9

※サイズはcm

各セッティング用語

各セッティング用語

サドル高 股下寸法を測定して割り出します。股下に厚みのある本などを挟んで正確に測り、そこから割り出しましょう。
サドル-ハンドル高低差 [地面からサドルの高さ-地面からハンドルの高さ]で割り出します。
サドル-ハンドル間距離 サドルの先頭からハンドルの中心までの長さ。
サドル後退幅 ドロップハンドルの下を握った状態で、膝と肘がくっつくかくっつかないかの位置に合わせる。
このページ先頭へ