疲れないフォーム

フォームの基本

「骨盤を立てて、背中をアーチ型にする」というのが基本。

骨盤を立てることで、しっかりしたペダリングが可能になります。
骨盤が倒れていると脚のみで回すペダリングになってしまい、すぐに疲れてしまいます。

背中をアーチ型にする理由は、アーチ型にすることで、ハンドルへの距離が縮まります。
背中がアーチ型になっていないと、ハンドルが遠くに感じ、骨盤も倒れやすくなり、肩、首が痛くなる原因になります。

骨盤を立てる

骨盤を立てるという言葉を聞くと、腹筋や関節などを意識しないといけないような気になってしまいますが、意識するのは、
「しっかりサドルに座る」ということです。
サドルにしっかり座ることができると、少しずつですが、骨盤を立てるという意味がわかってきます。
前傾になりすぎて、腕に力が入っていたり、脚を意識しすぎてサドルよりも、大腿四頭筋に力がはいっていないかを確認しましょう。

背中をアーチ型にする

キン肉ガードフォームを作るのに参考になるのが、

「キン肉ガード」のフォーム。

肩から腕(肘)にかけて、内側に丸めるように、背中を「左右」からアーチ型にするのがポイントです。
このアーチを保ったまま、腕を伸ばしてハンドルを握り、視線をまっすぐにすると基本フォームの形になります。

ハンドルが遠かったり、低すぎると骨盤が倒れてしまう原因になるので、ハンドルのセッティングを見直してみましょう。
セッティングに関してはこちらを参照してください。

このページ先頭へ