ロングライドのための準備

持ち物

ロングライドに必要なもちものは、やはりパンクした時に対応するための工具やチューブ。また、走る前にブレーキがきくかどうかなどの基本的な部分はチェックしておこう。
また、ドリンクと食糧もロングライドには必須になります。

走る時間帯によって、ライト、テールライトも装備しておこう。

インフレーター(ポンプ式) インフレーター
タイヤレバー(プラスチック製) タイヤレバー
アーレンキー アーレンキー
予備チューブ(必要に応じて2つ) 予備チューブ
ドリンクボトル(2つくらい) ドリンクボトル

装備

ヘルメット、アイウェア、グローブはもちろんのこと、パンツはパッド付のものをはくのがベスト。
その他にも、夏場は日焼けによる疲労を軽減するため、アームカバーを着用したり、必要に応じて股ずれを防ぐためにワセリンを塗ったりしましょう。

補給と休憩

100km以上のロングライドになると補給が必須になってきます。主にBCAAなどのアミノ酸やクエン酸などのサプリメントをこまめにとることが必要です。
まだまだいけると思って補給をおろそかにすると、エネルギーを使いきってしまい、ハンガーノックと呼ばれる状態になってしまいます。

また、事前に地図で休憩場所などを確認しておきましょう。場所によっては、トイレなどがない場合も考えられます。
特に、はじめてのロングライドの時は、補給と休憩はできるだけこまめにとるようにしましょう。

このページ先頭へ