ボトムブラケット

ボトムブラケットはクランクを挿入する部分で、規格がいくつか存在しています。
クランクとボトムブラケットがただしい組み合わせでないと、クランクが取り付けられなかったり、ペダリングのパワー伝達がうまくいかないので、自分のフレームにあうものを選びましょう。

シェル幅

シェル幅フレームの①の部分をシェル幅といいフレームによって異なる。

シェル幅 内容
68mm 「JIS(日本工業規格)」 または、「BSC/BSA(イギリスの工業規格)」でISO/JIS/BSC/BSA規格。シマノは、こちらの規格。
70mm 「ITA・イタリアン規格」。カンパニョーロは、こちらの規格。
86mm シマノの推奨する規格。

ボトムブラケット(BB)

ホローテックIIホローテックII(シマノ)で簡単にBBの解説。

①の部分にベアリングが入っています。
②の部分はインナーカバー(BBシェル内部に、雨水などが浸入しない構造であれば取付不要)です。

ホローテックIIでは、①のベアリング部分をシェルの外側に出し、BBシャフト保持部分を長くしており、これで剛性を高めています。

これと同じような構造のBBに、「FSAのMegaExo (メガエクソ)」「カンパニョーロのウルトラトルク」があります。シェル幅が合えば、どのボトムブラケットでもクランクを利用できそうですが、基本的には、互換性はありません。
そのため、MegaExoでシマノのクランクを使うのは危険です。逆も同じ(ホローテックIIでSL-Kなどを使うと危険です)。

主なボトムブラケット(BB)の種類

規格 概要 シェル幅 内径
(ベアリング径)
クランク
シャフト径
BSA(JIS)・イタリアン 世界共通の規格 68mm 41mm 24mm
BB30 Cannondaleが提唱しているBB規格(FSA、SRAMなど) 68mm 42mm 30mm
PF30
(PressFit30)
BB30を元に、ベアリング自体がベアリングカップにを圧入してあるもの。 68mm 46mm 30mm
BBRight
(BBライト)
シェル幅がBB30よりも長くなっているCerveloの独自のBB規格。 79mm 42mm 30mm
BB86 シェル幅がさらに長くなったBB規格でシマノが推奨。 86.5mm 41mm 24mm
BB90 トレックの独自の規格。 90.5mm 37mm 24mm
このページ先頭へ